日本の独特の文化として印鑑があります。印鑑はあらゆる場面で使われるハンコのことで、主にその人の氏名を記したもので、朱肉などインクを付けることで、簡単に紙などに印をすることができるというものです。このため、宅配便や郵便物の受け取りから、銀行口座などの開設、各種役所に届け出る書類などに使われています。一方で印鑑にもさまざまな種類があり、価格もバラバラです。以前であれば専門のハンコ屋で作るのが一般的でしたが、既製品のものが売られているものを購入することも多くなっています。しかし、届出などに使うものは複製できないものである方が良いと言えます。また素材によって耐久度も変わってくるので、実印など重要な場面で使う印鑑は一生使うことができるものを選ぶ必要があります。

印鑑の種類と作るための方法について

印鑑の種類は一般的に実印、銀行印、認印の3種類に分類されます。このうち実印は自治体などで印鑑証明を行ったもので、公的な効力があるものです。ついで銀行印は銀行口座を開設したさいに通帳に記載されるものです。現在ではキャッシュカードを使ってATMでお金を出し入れすることができますが、窓口からお金を引き出す場合には登録した印鑑を押す必要があります。一方で認印は、単なるハンコであり社内の回覧文書などに署名するさいに使われるものです。実印と銀行印は、使用頻度がそれほどないため昔ながらの印鑑が好まれますし、耐久性も求められます。一方で認印では、使用頻度が多いため押しやすいものが求められる傾向にあります。激安で手に入れる場合には既製品という選択肢になりますが、近年はオーダーで作るものでも激安で購入が可能です。

激安で手に入れるためにはどうすればいいのか

激安で手に入れる方法としてスタンダードとなっているのがインターネットショップです。印鑑は一度購入すると頻繁に交換するといった性質のものではないため、ひとつの業者が限られた地域で営業している状態ではそれほど需要が存在しないため、1個あたりの価格も高めになります。また多くは手彫りですので、時間も掛かります。しかし、インターネットショップであれば全国からの大量の注文を受けているので、その分価格を安くすることができますし機械加工なので、短期間で手に入れることができます。このためオーダーの印鑑でも激安で購入することができます。また機械加工で印鑑が彫られるので、オリジナルの形のものを作ることができますし、素材の選択肢も豊富でお店で作る価格よりも4割程度低い価格で印鑑を作ることができます。